ピラフ・パエリア・リゾットは何が違うの?ドリアとの関係は?疑問をスッキリ解決!

よもやま話

こんにちは shige です。

基本的に自炊をしているわたくし。
夕食の準備中でのこと。
いつも通りお米をとぎながらふと思いました。

shige
shige

そういえば…。
「ピラフ」「パエリア」「リゾット」って何が違うんだろ?

疑問に思ったわたくし。
早速調べてみました。

違いを知ってる方も
そうでない方も続きをどうぞ。

結論!

どれもお米を使った料理だとは分かるのですが
違いを説明するとなると難しいですよね。

調べてみたところ
「ピラフ」「パエリア」「リゾット」の違いは発祥の国調理方法でした!

ピラフ(トルコ)  :生米をバターで炒めてから炊く
パエリア(スペイン):生米をオリーブオイルで炒めてから炊く
リゾット(イタリア):生米をオリーブオイルで炒めて水分が残る程度に炊く

どの料理も生米を炒めてから調理をします。
その他の素材によって味わいも変わってくるわけです。

ではそれぞれを詳しくみていきましょう。

「ピラフ」とは?

「ピラフ」はトルコが発祥の料理
トルコ語の「ピラウ(pilav)」が語源。
その後フランスへ伝わりフランス料理のピラフとなったようです。

生米をバターで炒めてから出汁や香辛料を加えて炊いた料理。
具材もさまざまなものが使われます。

トルコでは一般的な料理で
主食ではなく付け合わせとして食べられます。

ちなみに…。
「トルコ料理」世界三大料理のひとつ。

あと2つは「フランス料理」「中国料理」
残念ながら「日本料理」は入っていません。

「パエリア」とは?

「パエリア」はスペイン東部の「バレンシア地方」が発祥の料理
バレンシア語の「フライパン(paella)」が語源。

そういえば「パエリア」はパエリア鍋と呼ばれる
両側に取っ手のついた底の浅い専用の鍋で作られていますね。

「パエリア」はオリーブオイルで炒めた生米に
出汁と「サフラン」を加えて炊き込みます。

シーフード系の「パエリア」が有名ですが
さまざまな具材が使われています。

ちなみに…。

「パエリア」は調理人の男女によって呼び方が変わります。
男性なら「パエジェーロ(paellero)」
女性なら「パエジェーラ(paellera)」となるそうです。

「リゾット」とは?

「リゾット」はイタリア発祥の料理

語源はイタリア語で「お米」を意味する「riso」と
「最高」を意味する「ottimo」が合わさった
「最高の米料理(riso ottimo)」の略と言われています。

生米をオリーブオイルで炒め白ワインを加えてアルコールを飛ばしたあと
出汁と好みの具材をいれて炊き込みます。

「ピラフ」や「パエリア」と違い汁気があるのが特徴。

ちなみに…。

「リゾット」はお米を完全に炊き込まず
芯が残った「アルデンテ」の状態で仕上げます。

「ドリア」との関係

実は「ドリア」というのは日本が発祥

1930年に横浜ホテルニューグランドで生まれた料理。
そう日本生まれの洋食だったのです。

一般的には「バターライス」の上に
「ベシャメルソース」と「チーズ」をかけてオーブンで焼いたもの。

これまでご紹介してきた
「ピラフ」「パエリア」「リゾット」とはルーツが異なっています。

ちなみに…。

イタリアンレストランのサ〇ゼリヤでは
ミートソースを使った「ミラノ風ドリア」が人気なのだとか。

本来はイタリアにはない「ドリア」がなぜか「ミラノ風」
これにはイタリア人もビックリですね。

まとめ

さて今回は
「ピラフ」「パエリア」「リゾット」の違い
「ドリア」との関係について掘り下げてみました。

もう一度まとめてみると

●「ピラフ」「パエリア」「リゾット」の違いは発祥の国調理方法でした
 ピラフ(トルコ)  :生米をバターで炒めてから炊く
 パエリア(スペイン):生米をオリーブオイルで炒めてから炊く
 リゾット(イタリア):生米をオリーブオイル炒めて水分が残る程度に炊く


●「ドリア」
日本が発祥の洋食「バターライス」の上に
「ベシャメルソース」と「チーズ」をかけてオーブンで焼いたもの。

よく口にする料理だけど
あらためて聞かれると意外と答えにくい違いです。

一口に「お米料理」といっても
世界には色々な調理方法があるのですね。

もし良かったら頭の片隅にでも置いておいて
いざという時にお役立ていただけると幸いです。

それではまた!

コメント